読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働き方改革

働いている頃は、人とのかかわり、朝起きてから仕事に行くのが嫌で嫌で仕方なかった。仕事にやりがいを感じたこともないし、楽しいと感じたことはないのだが、やはり世間体、収入、回りからのプレッシャーなどを考えると人は働かねればいけないのだと実感した。

日本は働き方改革に本腰を入れて動きだしている。私は働き方改革と聞いて、楽して給料が貰えると甘い幻想をいだいていた。働き方改革は、労働者が楽して給料を貰える法案ではなく、成果をだした者は評価を受けるというものだ。自由に仕事はできるが、働き手は仕事の質を上げなくてはならない。

企業は、労働者の質を上げることにより生産性の向上、企業人件費抑制、利益も上がる。質を上げた労働者は、働きやす環境、給与の上昇と待遇が改善されるであろう。

では、質を上げられない働き手はどうなるのであろうか?リストラ?減給?転職?

改革のなかに「一つの会社にしばられない」とある。転職をおこない自分に合った仕事を見つければよいのであろうか?転職を行いやすい環境になれば悪い話ではない。しかし、結局は学歴社会…なかなか思うような仕事には就けない気がするが…

働き方改革で貧困の二極化が進みそうな気もするが、このまま長時間労働を放置することは出来ない。働き方改革は、日本の成長のためには必要だが、痛みを受ける人もいることを忘れたてはならない。ちなみに、